戸建て中古住宅住替え

戸建て中古住宅住替え

二世帯住宅への住替え
平成28年、3月から自宅を売却を始めました。
具体客との価格交渉が難航している頃、
嫁の実家近くに、二世帯住宅のちょうど良い物件が出た為、
住替えに変更しました。

嫁の実家も売却して、
2物件の売却、二世帯住宅の購入。
1年間に3つの不動産の売買を経験しました。

(ついでに、既存マンションのローンの完済も実施)
固定資産税がタブルで支払い
固定資産税がタブルで支払い 2017年度の固定資産税の請求書が届きました。 住み替えを行いましたが、売却物件の決済は 年をまたいでの決済だったので、 1月1日の所有者は2件とも、私名義でした。 納付書は2件とも、届き支払いをしました。
住み替え時点では年齢が上がっていることに注意
住み替え時点では年齢が上がっていることに注意 住み替える時には、年収も増えていますが、 自分の年齢が上がっていることにも注意が必要です。 35歳で購入した家を50歳で住み替える場合。 50歳では、80歳完済ローンでは、30年借りられます。
住み替える為に必要なこと
住み替える為に必要なこと 現住居を売る場合でも貸す場合でも、 新たな住宅を購入する費用が必要になります。 現住居のローンが完済になっていれば、問題ないですが、 残債が残っている場合、 住み替え先の住宅にローンが付くかどうか? 残債が残っ
持ち家を賃貸に出して住み替え
持ち家を賃貸に出して住み替え 住み替えをするためには、 資金的なゆとりが無ければ、 現在住んでいる住居を売却するか賃貸する必要が有ります。 ローンの支払いがある場合は、 出来ることであれば、受け取る家賃との差が少ない方が良いです。 月々
住み替える為の中古住宅の選び方
住み替える為の中古住宅の選び方 買った時の築年数より、売る時の築年数を考える。 5年先に売るのか? 10年先に売るのか?? 売る時の築年数が15年、20年、25年によって 売りやすさが違って来ます。 売る前提であれば、 買う時の築年数
住み替える為の予算の考え方
住み替える為の予算の考え方 ステップアップして行くことを考えて、 余力を残した予算で考えて行く。 支払い能力の限界では無く、 預金を積み上げて行けるような予算で買える物件を購入します。 ローンの残債が減ることと、手持ち資金の積み上げで、
住み替える為のローンの組み方
住み替える為のローンの組み方 住み替えを予定している時期には、 返済比率が20%以下になっていること。 若しくは、自己資金で返せる金額になっていること。 持ち家を売却してから、新しい住み替え物件を買う場合は、 このパターンで無くても良いで
戸建中古住宅住替え
戸建中古住宅住替え 戸建て住宅から住替えは、 いくつかのパターンに分けることが出来ると思います。 (1)転勤等その地域から移動するための住替え (2)親との同居のための住替え (3)子供の独立後の住替え (4)より良い生活をする為の住替え